誰もいない教室
誰もいない道
誰もいない花の丘
新型コロナウイルスで
特別な景色が広がりました

いま起きていることは
時間とともに歴史となります
うれしい、悲しい、驚いた
新聞を読んで感じたことを
未来へ書き残そう
応募資格
小中学校や高校に在学する児童・生徒。 小学1~3年、小学4~6年、中学生、高校生の4部門
応募期間
2020年7月1日(水)~11月4日(水)
応募課題
2020年1月以降に載った新聞記事を読んでの感想。 小学1~3年生は家族に記事を読んでもらい、感想を作文にしたものでも結構です。 ※著作権は茨城新聞社に帰属します。作品の返却はしません。
応募方法
  • ①学校単位でも個人でも応募可能(未発表作品で1人1点に限る)
  • ②募集要項チラシ裏面の専用の原稿用紙(コピー可)か、市販のB4版400字詰め原稿用紙を使用してください。
  • ③専用の原稿用紙の場合は、記入欄に必要事項を書くこと。市販の原稿用紙の場合は、1ページ目の1行目に題名、2行目に学校名、学年、3行目に氏名(ふりがな)、性別、4行目はあけて5行目から書き始めてください。作品の最後に住所、電話番号、保護者氏名を記入してください。
  • ④原稿用紙と同じ大きさ(B4)の紙に、読んだ記事(コピー可)を貼り、原稿とセットにして送付する。
  • ⑤小学生は600~800字。中学生、高校生は800~1200字。
  • ⑥学校単位で申し込む際は、学校名と応募児童・生徒の名簿(漢字・ふりがな)、担当教諭名、連絡先を添付(体裁自由)してください。
要項・原稿用紙のダウンロードはこちら
※2ページ構成のPDFです(1.要項、2.原稿用紙)

応募・問い合わせ先
〒310-8686
水戸市笠原町978-25
茨城新聞社 新聞感想文コンクール係
TEL:029(239)3030
表彰
  • ①文部科学大臣賞、知事賞、県教育長賞、茨城新聞社長賞、茨城会長賞など。
  • ②上位入賞者は、2020年12月、茨城新聞の紙面で発表します。
  • ③表彰式は、2021年2月13日㈯、水戸市内
主催:茨城新聞社、茨城新聞茨城会
後援:文部科学省、県教育委員会
協力:県新聞教育研究会、県教育研究会、県学校長会、県高等学校長協会、県PTA連絡協議会、県高等学校PTA連合会


前回の作品紹介

2019年度 第10回新聞感想文コンクール
文部科学大臣賞、県知事賞の各4作品を紹介する茨城新聞紙面
※2ページ構成のPDFです(新聞の左面、右面の順に連結しています)